忍者ブログ
医療や介護のニュースや、日常のことについてのブログです。
17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、脳出血を起こした妊婦さんが、病院に受け入れを拒否されて、出産した後に亡くなった件で、妊婦さんの旦那さんが会見を開きました。

「誰も責める気はない。赤ちゃんを安心して産める社会にしてほしい。」と訴えた彼の姿は、本当に立派でした。

自分が彼の立場であったら、こんなこと言えただろうか、と思いました。


妊婦さんは残念ながら亡くなってしまったけれど、妊婦の受け入れを拒否した病院や行政が、これをきっかけにいい方向に向かっていけば、その死は無駄にはなりません。

お母さんはいなくなってしまったけれど、このご家族は、幸せになってほしい。

きっと、幸せになってほしい。

PR
Copyright c 医療・介護と日常のこと All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]